当ブログはシャドウバースのまとめサイトになります。
2ch、ツイッター、動画等、話題になっている事をまとめていきます。

シャドウバースとは?

シャドウバースとは、スマートフォンでプレイできる対戦型TCGになります。
当初はスマートフォンでしかプレイすることができませんでしたが、DMM版やSteamでもシャドウバースのサービスが開始され、PCでもプレイできるようになりました。

ユーザー同士の対戦は1対1のオンラインで行い、お互いのライフが20の状態から対戦が始まります。
基本的には相手のライフを0にすることで勝利となります。
他にもカードの能力により特殊勝利することもあります。

シャドウバースのカードの種類

シャドウバースには「フォロワー」「スペル」「アミュレット」の3種類のカードが存在します。
フォロワーはコストを払ってプレイすると場に出すことができ、攻撃力、体力、能力をもっています。
相手のフォロワーや相手のリーダーに攻撃することが可能です。

スペルはコストを払ってプレイをすると能力が働き、すぐに墓場に置かれるカードの事です。

アミュレットはコストを払ってプレイをすると場に出すことができ、能力が働きます。
アミュレットには攻撃力、体力というものは存在せず、相手のフォロワーや相手のリーダーを攻撃することはできません。

シャドウバースのリーダー

シャドウバースではデッキ作成する際に7人のリーダーから1人を選択しなくてはなりません。
それぞれのリーダーによってデッキに使用できるカードが異なり、クラス毎に特徴的なデッキとなります。
リーダーはそれぞれ、「エルフ」、「ロイヤル」、「ウィッチ」、「ドラゴン」、「ネクロマンサー」、「ヴァンパイア」です。

エルフの特徴

低コストのカードが多く、数やコンボで押すデッキタイプが多いです。
また、1ターン中にカードをプレイした回数によって効果が変わるカードもあるので、1ターン中に何回カードをプレイしたかを常に考えて対戦をしなくてはなりません。

ロイヤルの特徴

場にフォロワーを展開する事が得意なカードが多いです。
また、フォロワーには「兵士」カードと「指揮官」カードがあり、お互いに連携しながら相手の場を制圧することができます。

早いターンで勝負を決めるアグロ系デッキやフェイス系デッキが得意なリーダーです。

ウィッチの特徴

ウィッチの特徴はなんといってもスペルブーストです。
スペルブーストをもったカードは他のスペルが使用されるたびにコストが少なくなっていきます。
スペルブーストを使ったデッキでは超越ウィッチやドロシーウィッチが有名です。

また、ウィッチの固有カードとして土の印があるのでそれを活かしたデッキもあります。

ドラゴンの特徴

リーダーの中で唯一、PP(プレイポイント)をあげる効果をもったカードがあるクラスです。

PPが7を超えるとドラゴン固有のスキルである覚醒状態というモードに入ります。
覚醒状態になると強力になるカードがあるので、それらを使って相手を倒すことができます。

ネクロマンサーの特徴

シャドウバースではフォロワーが場を離れたり、スペルを使うと墓場のポイントが貯まります。

この墓場のポイントを利用することで強力なカードをプレイすることができるのがネクロマンサーです。

ヴァンパイアの特徴

ヴァンパイアは自分のライフが10以下になると復讐状態になります。
ヴァンパイアは復讐状態では強力なカードをプレイすることができますが、ライフが10以下なので突然の相手の猛攻を受けて負けてしまうことがあります。
そのため、ライフ管理が一番難しいリーダーになります。

ページの先頭へ